映画上映会

ドライブインシアターでの上映会

映画上映会は屋外でも行うことができる。

 

特に夏場になればキャンプ場など広い場所で業務用映画の上映を行うイベントもある。

 

今は少なくなってしまったが、昨今の情勢によってドライブインシアターも増えている。

 

ドライブインシアターは広い駐車スペースのある場所で上映を行う必要がある。

 

大きな公園、商業施設の敷地内で実施するのが良いだろう。

 

キャンプ場など広いスペースを確保できるのであれば問題はない。

 

業務用DVDの問題も厳しくなっており、自分で購入したDVDやレンタルDVDを上映することはできない。

 

上映を行ってしまうとルール違反になってしまう恐れがある。

 

ドライブインシアターで上映会を企画している場合は、業務用DVDを取り扱っている会社に一度確認を行ってみるのがよい。

地域での上映会イベント

夏になると野外での映画上映会を開催するところも多いだろう。

 

地域によっては地域イベントで業務用映画の上映イベントを開催するところもあるでしょう。

 

近くに映画館がなかったり、様々な年齢層の方にも楽しめるような地域交流の場となっている。

 

昨今ではこのような上映イベントが少なくなっているような気がする。

 

気軽に映画館に足を運べなくなったお年寄りや、子どもたちが集まる機会が少なくなっている。

 

私の場合は、小さいころ地元の図書館や町が主催して開催していたが、今ではイベントを開催している話は聞かない。

 

貴重な交流の場がなくなっている。

 

近くに映画館ができたり、開催する場所、集客の問題もある。

 

また、昔よりも業務用DVDの問題も厳しくなっている。

 

このような上映イベントを開催するには、レンタルや購入したDVDを放映すると罰せられる可能性が高い。

 

地域のイベントで上映会を企画しているところは、一度確認を行った方がよいだろう。

野外での上映会イベント

野外の映画上映会は昨今の状況に合わせて増えている。

 

時期的にも外での業務用映画の上映が開催しやすい季節になってきた。

 

冬の時期は開催しているところもあるが、やはり気温が問題となってくる。

 

場所はキャンプ地や大型の駐車場がよい。

 

あとは騒音で問題にならない場所がよいだろう。

 

広い場所であれば心配なく上映イベントが開催できる。

 

これからの季節地域でのイベント事も増えていくかと思うので、上映イベントも企画するのがよいだろう。

 

上映イベントを実施するには業務用DVDの問題もクリアしなければいけない。

 

レンタルや個人で購入したDVDを営利目的で上映イベントを行うと法律に抵触する場合がある。

 

野外の上映会イベントを実施するには一度業務用映画の専門家に相談するのが良いだろう。

地域での映画上映会イベント

各地域には映画上映会のイベントを実施している場所がある。

 

町内行事などで近くの公民館やホールを貸し切って、業務用映画の上映を行う。

 

小さな子供から、大人まで楽しめる内容である。

 

ただし、内容にもよるが小さい子供向けの映画であったり、教育の面を含めた邦画の映画の上映もあり、大人も交えた映画内容になる場合もある。

 

地域交流の大切な場ともなるため、非常に大切な地域イベントの一つとなっている。

 

地方であれば、近くに映画館などがないため、上映会イベントは町の人にとっても大切な娯楽の一つともなります。

 

ただし、上映会イベントを実施する場合は、業務用DVDを使用しなくてはいけない。

 

レンタルや購入したDVDを上映すると法律に抵触する場合がある。

 

町内で映画の上映イベントを企画している場合は、業務用映画の専門家に一度相談してみるのが良い。

 

ルールを守って安全な上映会イベントを企画しましょう。

PAGETOP
Copyright © jyoueikai-service All Rights Reserved.